資格を取るための勉強とかしょーもな

どうも、ともひろです。

 

今日は資格試験がうまくいかなかったので憂さ晴らしです。笑

 

ほんと、資格勉強とかしょーもないです。笑

まあ、負け犬が吠えていると思って聞いてください。笑

 

根本的に、資格を取る意味ってあります?

例外として、その資格がなければ業務自体を行えないものは除きます。

保育士の資格、調理師の資格etc...

それ以外の、資格がなくても業務には影響のないもののことです。

だって、資格を持っているからってできる人だってわかるわけじゃないですか。

確かに、その人の実力を測るものさしになることは事実です。

確かに資格を取る価値はあります。

ですが、僕が言いたいのは、そうじゃなくて、巷で売れている1週間の学習で簡単資格取得とかいうものを使って資格を取ろうとする勉強に意味はあるのかと問いたいです。

それじゃ資格のための勉強じゃないですか。

過去問を問いたりする行動もハテナがつきます。

ましてや過去に出した問題と同じ問題が出てしまう試験にはもっとハテナです。

 

毎年違う人が全く新しい問題を作って、その分野についての根本的なところを測る資格ならば意義があるかもしれません。

なんか試験日が決まっていてそこに向けて半年間だけ頑張れば取れるとかいう資格の意義がわかりません。

それ半年で詰め込んだだけで何も身についてないやん。

僕的には毎日いつ試験がきても受かるようになってこそその資格を与えられるそれこそ資格があると思います。

 

と、いうことで、資格は嫌いです。笑

資格勉強に意味を感じないですし、楽しくありません。

また新しい資格を取ろうと思って勉強を始めたのですが、体が拒否反応を起こしていたので、根本的に見直してみたら、今回の記事のようなことを無意識が感じていることに気づきました。

これからは楽しいと自分が感じるようなことに時間を割いていこうと思います。

 

では、また。

2017/10/6(金)

どうも、ともひろです。

 

無駄なことは省こう。

無駄なことというより、今第一優先でないことをやらないようにしよう。

第一優先の事項に全ての時間を注ごう。

1日の許容処理量を考えてインプットしよう。

情報が溢れている時代なので、不要な情報にはなるべく触れないようにしよう。

個人的に、人間には1日に処理できる情報量は決まっていると思っているので、できるだけ必要な情報だけ、自分が重要だと思う情報だけに触れるように注意しよう。

通勤中に音楽、移動中に音楽、帰宅してからすぐにyoutube、という生活(隙間時間中にも何かしら音を聴き続けている状態)は不要な情報を無意識にインプットしている状態だと思うのでやめよう。

隙間時間は隙間時間として、何も情報を入れずにフラットな状態に脳を保とう。

資格等関係なしに、自分に必要だと思ったことを勉強しよう。

資格のための勉強(過去問対策等)は個人的には特に意味がないと思っている。

身にならない勉強はするだけ無駄かと。

食事に気を使おう。

食べるもので体は構成されている。

同時に脳も形成されている。

つまり、思考は食べ物で形成されている。

食べ物を変えるということは思考を変えるということ。

思考を変えるということは行動を変えるということ。

のように、全ての始まりは食であると思っている。

いくら自炊の時間が勿体無いからと言って、外食、惣菜で済ますのではなく、そこの時間は投資だと思って使うようにしよう。

結果的に使える時間が長くなる。

使う時間の密度が高くなる。

 

では、また。

2017/10/5(木)

どうも、ともひろです。

 

自分から行ったらいいのか、あっちから来るのを待ってたらいいのかわからない。

経験が少ないのだから当然ではあると思う。

自分の気持ちに全く素直になれない。

仲良くしたいのに遠ざかってしまう。

朝あって一言目になんと言っていいかわからない。

もう少し目を見て、素直に話せたらと思う。

もう少し自分に自信を持とうと思う。

みんなに褒められているのに、謙虚さと勘違いして、褒め言葉を否定する癖はやめよう。

褒められたら素直に受け入れて自分を自分でも褒めてあげよう。

情報に飲まれて本当の気持ちがわからなくなっている。

気持ちだけで話してしまっている。

僕は以前とは違う。

以前の僕よりも確実に成長している。

もっと素直に、本当に自分がやりたいことはなんなのか、手軽な娯楽に逃げてしまわずに考えるべきだと思う。

時間は有限である。

後悔というのは今やらなかったために未来の自分が今の時間を嘆く行為である。

ならば、未来の自分は今の自分を振り返ってどう思うか、想像してみるべきではないか。

積み重ねてきた自分は今ここにいるよ。

この自分をどう使うかも自分次第だよ。

生きるってどういうことだと思う?

生きるってのは社会に貢献して、得たお金を使って食事をしてまた貢献しての繰り返しなんだと思うよ。

一人一人が役割を果たして、その対価に誰かに役割を果たしてもらって、人類でお互いに貢献し合いながら過ごすことなんだと思うよ。

貢献する手段はなんでもいいんだけど、自分が得意なことで貢献すればより多く貢献できるんだと思うよ。

 

では、また。

2017/10/3(火)

どうも、ともひろです。

 

毎日忙しく時が過ぎていきます。

特に人間関係を維持するのが私にとってはエネルギーを必要とします。

相手の気持ちを思いやってコミュニケーションするのはエネルギーを使います。

ちょっと前までの私はそれが嫌で、殻の中に閉じこもっていました。

そうするとどうでしょう、確かにエネルギーに充ち満ちるようになります。

心は傷つくことはなく、いつでもなんでもできそうな気がしてきます。

ですが、それ以上にも以下にもなることはありませんでした。

常に一定の感情。

無。

会社のある人からは悟りを開いたと言われました。笑

そういう生き方もありだと思います。

大いに。

ですが、今の私が言えることは、それじゃ人間として生きている意味があるのかと問いたいです。

相手を傷つけてしまったり、はたまた自分が傷ついたりして、悩んだりしながら生活することが人間の生き様なのかなあと今の私は思います。

今後私の気持ちが変わることは大いにありえます。

今は一定じゃない感情というものをじっくり味わっています。

この感情を味わえるのも殻に閉じこもっていたあの頃があったからだと思います。

あの頃はとにかく傷つきたくなくて、必死に自分を守っていました。

正直、ギリギリの精神状態でしたね。

下手したら生きることを諦めていたかもしれません。

よく頑張ったと思いますよ、あの頃の私は。

もし、あの頃の私に一言声をかけてあげられるのならば、、、

考えてみましたが、言葉が出てきません。

そっとしておくのが1番でしょう。

自分は運が良いとつくづく思います。

要所要所で助けてくれる人がなぜかいましたから。

世の中にはそういう人もいるんですね。

なんども言いますが、私もギリギリの人がいたらそっと守ってあげられたらと思います。

 

 

では、また。

2017/10/2(月)

どうも、ともひろです。

 

いよいよ10月突入しましたね。

卒業まであと半年、悔いのないよう日々を過ごしたいと改めて思います。

ちょっと、前職について思ったことがありました。

私は前職では、工場で働いていました。

三交代勤務でした。

三交代というのは、1日を三分割して、それを工場の四班編成の班で回していくものです。

工場は一日中止まりません。

もちろん夜勤もあります。

前職、給料について特に不満はありませんでした。

高卒であれだけもらえれば満足でしょう。

昇給が大きいので長くいれば長くいるだけもらえるので、特に何も考えずに働けば結構いい待遇だと思います。

前職を離れて思ったことが、あの職業は完全に健康をお金にしていました。

三交代勤務は生活のリズムが乱れていますので体に悪影響があります。

夜勤も寿命が縮みます。

また、化学物質を作業中に吸引してしまう仕事でしたので、それもまた健康を害します。

正直、工場の仕事は誰でもできる仕事です。

危険な作業が多いので、ある程度知識は必要ですが、他の職業から比べると必要な知識量は少ないです。

そういう仕事がどうして給料がある程度高いかというと、そうしないとやる人がいないからでしょう。

会社としては高卒で入社して、定年まで働き続けてくれる人が欲しいはずです。

できるだけ安定して働き続ける人を重宝するはずです。

なので、そういう人の給料は高かったです。

なにが言いたいのかというと、誰でもできる仕事で給料が高かったりする仕事はその理由が必ずあるってことなんです。

知識が必要な仕事ならばその知識が必要であるということが高い理由なんです。

誰でもできるような仕事ならば健康に悪かったり体力的にキツかったりと言った理由が必ずあります。

 

では、また。

 

 

2017/9/30(土)

どうも、ともひろです。

 

今日は9月最後の日でした。

入学から半年がたちます。

この半年、いろいろなことがありました。

考えが変わったことが多かったです。

社会人として、五年近く働き続けて見失っていたもの、会社に染まっていた心に気づくことができました。

楽しいって大事だって思いました。

自分は機械じゃ無くて人間なんだって気づくことができました。

毎日、機械みたいに働かされることに慣れていましたけど、それにすら気づかずに疑問も持っていない自分に気づけました。

これらは気づいたからってどうということではありませんが、気づけたことが大きかったと思います。

残り半年、自分が好きに生きられるように、自分が人間としてどう生きたいのかを問うていきたいと思います。

話は変わりますが、今日も42.2km走りました。

この距離を走るのは今日で2回目です。

前回は4時間40分のタイムでしたが、今日は4時間25分で走りきりました。

順調にタイムを縮められています。

次の目標は4時間15分と言ったところでしょうかね。

正直、10分の壁は厚いです。

本当は次の目標はサブ4(4時間以内)と言いたいところですが、調べてみたところ、達成するにはキロメートルあたり5分40秒のペースで完走しなければならないらしいです。

今の僕からすると、このタイムは化け物かと思うくらい早いです。笑

このペースならば10km走るだけでもキツいですから。

何度考えても化け物です。

今の僕のフルマラソンの距離の最速が6分17秒なので、今の僕が目指せるレベルでは到底ないことがわかります。

 

では、また。

2017/9/29(金)

どうも、ともひろです。

 

昨日の話ですが、学校に企業様が説明をしにきてくれました。

説明は、まずはその来られた企業様自信の会社の説明をされて、その後、グループディスカッション的な感じで業界について聞きたいことを僕らが採用担当の方に聞けるというものでした。

そこで、採用担当様が言っていたことで印象に残ったことがあります。

それは、「今、学習していることをできるだけ形に残しておいた方が良い」という言葉です。

勉強した証拠ではないですけど、形に残すことは大切だと言っていました。

採用の際にも有利になりますし、仕事を選べるようになると言っていました。

確かに、その分野専門の資格を持っていたらその分野の仕事をやりたいと会社に交渉する際に切れるカードが増えます。

例えば、大きい企業に入ったとしてその企業ではネットワークエンジニアとプログラマを募集していたとします。

希望はプログラマで入社したのに、人数の都合上ネットワークの仕事をやらされることになるかもしれません。

ですが、その時にJavaの資格をもっていたら、会社としても、人数は合わないかもしれないけど、将来を考えて、できる人をプログラマとして育てたいという思いからプログラマとして働ける確率が上がるかもしれません。

自分は今まで、資格なんて取っても採用の際に少し有利になるくらいであまり意味はないだろうと思っていました。

ですが昨日の話を聞いて、自分の為にも取っておきたいと考えるようになりました。

確かに、資格なんてとっても力はつかないし、意味はないという考えもあるかもしれません。

ですが、就職する考えのある方なら取っておいてもいいのではないかと思います。

自分はこれだけ頑張ったという証明にもなりますから。

自分自身に対しても。

まあ、起業する気持ちのある方ならば、資格は一切役に立たないかもしれません。

 

では、また。