読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挑戦に失敗はつきもの

 

どうも、ともひろです。

 

 

挑戦。

今の僕にとっての挑戦は、会社を辞めてからの新生活です。

何をやろうか、だいたいは決まってますが、あまり決めていません。

 

好きな仕事、やりたいことを見つけるために色々やっていくつもりです。

 

ここでですが、そんな新生活には失敗はつきものだってことを知っておいてほしいです。

 

定年までの安定が保証されている(例えそれが今の時代、幻想だったとしても)正社員を辞めて、特に保証もない生活をするってことは、なにも保証されていない生活を送るってことです。

 

それには当然ですが、リスクはたくさんあります。

 

例えば、病気やケガ。

正社員ならば、病気やケガをしたとしても、一定期間の給料の保証はされています。

会社が助けてくれます。

しかし、辞めてから病気やケガをしても、自分の力でどうにかするしかありません。

そんなリスクをはらんでいたりします。

 

まあ、そうなってしまったら、落ちるところまで落ちるでしょう。

底辺からのし上がることが困難な今の日本社会ですから、もしかしたらホームレスになってしまう可能性もあります。

そうなったらなったで楽しそうですが。笑

 

僕はどんな人生でも、楽しむ自身があります。

ですが、安定した人生はつまらないんですよね。

飽き性なので。

 

ですので、正社員で一生を過ごすよりも、波乱万丈なホームレス人生の方が楽しめると思います。

成功して好きなことで暮らしていけるのが一番良いですが。

好きなことで暮せたにしても、特に誰が生活を保証してくれるわけでもないので、安定しておらず、いつどうなってもおかしくない人生ではあります。

ですが、僕にとって不安定なのは万々歳なので、これから成功しても失敗しても、人生は今よりも楽しめると思います。

 

※2016/12/6に追記 サッカー選手なんかもそうですね。なんの保証もされていません。ケガしたら終わりですし。

 

なので、挑戦に失敗はつきものですが、失敗しても楽しもうという気兼ねで突き進みましょう。

 

では、また!

人をバカにする笑い

 

どうも、ともひろです。

 

※2016/12/6 この記事、バカにするを叩くに変えて読んでください。その方が自然ですわ。

 

最近、人をバカにして笑いを取る人って増えましたよね。

いや、最近でもないか。

結構前からですね。

テレビで言うと、ホリエモンとか騒音おばさんとか小保方さんとかでしょうか。

こうして見るとかなり前ですね。笑

ああ、最近だと高畑裕太さんなんかもそうですね。

 

なんか、みんながバカにしてるからバカにしてもいいみたいな空気がありますよね。

てか、別にバカにすることが悪いって言いたいんじゃないんです。

ただ、真実を知らないのに周りに流されるのがよくないって言いたいんです。

 

いや、やっぱりバカにするのも悪いですね。

先日、旧友と遊んでいた時のことです。

その友達は結構オタクな子で2ちゃんねるとかをよく見る子なんですよ。

2ちゃんって結構人をバカにする風潮があるじゃないですか。

その子は動画を見ていたんですけど、おじさんが電車で叫んでいる動画でした。

そのおじさんは若者に向かって「性の喜びを知りやがって!」と叫んでいました。

友達たちはそれを見て爆笑。

でも、僕は全く笑えなかったです。

なんなんでしょうね、あの嫌な気分は。

別に面白くなくても面白いふりして笑ってりゃいいのに、僕ったら。

 

どんな人にも悪いところはあって、同時に良いところもたくさんあるんですよ。

でも、その動画ってそのおじさんの悪いところしか見てないのが嫌なんですね。

だって、僕だって声に出さないってだけで街中でカップルを見たら「性の喜びを知りやがって!」って心の中で叫びますもん。笑

だから、そのおじさんだけ特別だとは思えなかったんです。

まあ、それが1つの理由です。

 

あと、さっきのテレビの話ですと、真実を知る前に個人を攻撃することはどうかと思います。

実際、高畑さんだってハメられたんじゃないかって言われてましたもん。

ホリエモンさんだって別に悪い人じゃないのに、メディアが気に入らないからって叩かれてましたよね。

騒音おばさんだって、相手が悪かったとか後になってわかりましたよね。

 

どうしてそうなっちゃうかっていうと、何も考えずにメディアに流されて動いちゃう人が多すぎるんですね。

そうやって、真実を知る前にみんながやっているからっていう理由で叩いていると、結局はメディアの思う通りの世界になっちゃいますよ。

マスゴミマスゴミ言ってるくせにそれじゃどっちがゴミかわかりませんよね、本当に。

なので、真実を見極めて行動しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

何歳でも若いよ

 

どうも、ともひろです。

 

みなさん、何歳になったらおじさんだと思います?

急ですが。

30歳になったらおじさんですかね?

40歳になったらおじさん?

でも、良く聞くのが、25歳にもなっていい年してまだアルバイトかよ。なんて話聞きますよね。

じゃあ、25歳でおじさん?

 

僕は、努力しなくなったらおじさんだと思います。

というか、目の前のことに全力で取り組んでいれば、何歳でも若いと思います。

というか、そういう人って見た目から若いですよね。

そして考え方が若い。

 

僕の考えとして、いま目の前のことに全力で取り組んでいる人なら、例えいま取り組んでいることがダメだったとしても、すぐに次のことに全力で取り組めると思うんです。

ダメだったというのは、成果が出なかったとか実績が残らなかったとかのことです。

例えば、いまやっていることと全く関係ないことを次にやるとしても、全力でやった経験ってのは活かせるものだと思います。

というか、全ての事柄で必ず共通点はあるので。

 

というか、セカンドライフとかいって60歳で定年を迎えてから起業しちゃう人とかっていますよね?

あれってその人が今まで全力で物事に取り組んで来たから出来ることだと思うんです。

例えば、なんの努力もせずに、なにも思考せずに、会社におんぶに抱っこで定年を迎えた人がいたとします。

そんな人がいきなり定年後に起業するぞ!って言ったって無理があると思うんです。

だから、日々の積み重ねが大事ですよね。

だから僕は、おじさんにならないように日々努力して全力で物事に取り組んでいこうと思います。

みなさんはどう思いますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

お前のことなんてだれも気にしてないよ

 

どうも、ともひろです。

 

みなさんは、人の目って気になりませんか?

自分ってどう見られているんだろう?とか思ったりしませんか?

僕はよくあります。

常にそう思ってますね。

だって僕、プライド高いんですもん。

無駄に。

でも、以前よりはそう思うことは減りました。

そう思えるきっかけになったのが、今回の記事のタイトル、

お前のことなんて誰も気にしてない

っていう考え方です。

実際、みんな人のことなんて全くと言っていいほど気にしてないんです。

だって、みんな自分のことで精一杯ですから。

でも、なんでみんな人の目が気になるかって言ったら、やっぱり、自分のことが気になるからなんですね。

なんか矛盾しているようですけど、そう言うもんなんです。

ようは、承認欲求です。

みんな誰かに認めてもらいたいんです。

なので人の目を気にする。

 

高校時代、こんなことがありました。

僕はチャリ通でした。

その日は普通にチャリで下校してたんですよ。

前から女子高生2人組が来ました。

普通にすれ違ったその時、こんなことを言われました。

「キモい。」

その時、僕の心に衝撃が走りましたね。

「俺、いまキモいって言われた。」

めちゃくちゃショックでしたよ。

 

ですが、ここで、女子高生の側の気持ちになってみましょう。

別にその子らは、特に深く考えずにキモい奴が来たからキモいって言ったまでの話なんです。

なので、言った後も別にそんなことはすぐに忘れて、また2人で雑談を楽しむだけなんですね。

覚えているのは言われた側だけなんです。

言われて5年くらい経つのに僕はまだそんなこと覚えてますからね。笑

 

ですが、僕はその時別にキモいと思われるようなことはなにもしてませんでしたね。

なので、その女子高生がなんと思っても僕にはどうすることもできないんです。どう思うのかなんて僕にはどうすることもできないんです。

仮に、自分でもキモいと思われないために出来ることがあると思ったら、努力すればいいんです。

でも、努力して、自分でこれ以上やれないところまでやったと思ったなら、あとはもうやれることはありませんから他人にどう言われようが関係ありません。

自分がかっこいいと思ったらかっこいいんです。

要は、スルースキルを持ちましょうってことです。

結局みんな他人のことなんて見てないんですから。

自分が1番可愛いんですから。

だって、世界に73億人いるんですよ?

その中の1人が何したって、どんな顔してたってみんなどうでもいいんですよ。

日本だけでも1億2000人もいるんです。

だから、みんな素直にナルシストになって人の目なんて気にせずにやりたいことやったらいいんです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

自分の行動を自分で決めるって楽じゃないよ

 

どうも、ともひろです。

 

タイトル通り、自分が今後どうしていくのかを決めるのって楽じゃないですよね。

自分が何をしたいのかなんてわからんし。

でも、そこでわからんって言って投げ出しちゃダメだと思います。

投げ出した先に待ってるのは絶対に自分が望んだ結果じゃないですよ。

「常に考える。

インプットとアウトプットを繰り返す。」

これってよく言われますよね。

なんか、僕が思うに人ってもともと考えるのが苦手なのかなってことです。

すぐに嫌になっちゃうしね。

でも、そうなったら、無思考のまま周りに流されて生きることになっちゃうんです。

今の日本の人って多くの人がそうなんじゃないですかね。

みんながやっているから、みんなと一緒だからと「なぜ」を考えずに行動しちゃう人が多い気がします。

そうなるとどうなるか。

その「なぜ」を知っている人に搾取されてしまうんです。

「なぜ」を知っている人は「なぜ」を考えるのをやめた人の行動パターンを知っているんです。

行動パターンを知っているってことは、その人から搾取することは簡単ですよね。

そういうことです。

また、考えることをやめた人は何かに依存することが多いですよね。

酒、ギャンブル、薬物、娯楽等々。

他人に依存する人もいます。

また、占いなんかもそうですよね。

占いって占い師の言うことを信じていれば楽だからハマっちゃうんです。

自分で何も考えなくても進むべき道を占い師が示してくれますからね。

これほど楽なことってないですよ。

考えるのをやめたら、現実から逃避して何かに依存して生きるってことになります。

依存の反対は自立です。

結局、自分で思考するってことは自立するってことなんです。

なので、思考停止にならないようにしましょうってのが今日の話です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

僕が仕事を辞める理由⑤

 

どうも、ともひろです。

 

今回も、仕事を辞める理由の続きです。

いつの間にか5回目になりましたね。

辞める理由多いですね。

 

過去記事はこちら↓

僕が会社を辞める理由

http://saitotomohiro.com/2016/11/17/%e5%83%95%e3%81%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1/

僕が会社を辞める理由②

http://saitotomohiro.com/2016/11/19/%e5%83%95%e3%81%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%e2%91%a1/

僕が会社を辞める理由③

http://saitotomohiro.com/2016/11/20/%e5%83%95%e3%81%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%e2%91%a2/

僕が会社を辞める理由④

http://saitotomohiro.com/2016/11/21/%e5%83%95%e3%81%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%e2%91%a3/

 

僕は現在、工場で働いています。

高校卒業後すぐ入社して、今年で5年目になりました。

ですが、僕は今年いっぱいでこの会社を辞めます。

辞める理由を何回かに分けて書いています。

 

もう1つの理由は、職場でのイジメを見ているのが辛かったからです。

でも、イジメとまではいかないかもしれません。

僕の工場に、いわゆる使えない人間(仕事ができない人)というのがいるんです。

その人が、僕のいる工場に来たのは、僕が異動になってから半年後くらいでした。

その人は仕事ができないことで本社でも結構有名だった人みたいで、異動を繰り返しさせられて職場をたらい回しにされていたみたいです。

それで僕の工場にも異動してきました。

人柄がわかるのって、やはり1年くらいはかかります。

結果的に1年後にはほとんどの人がその人と口を効かなくなりました。

でも、その人はやる気がないわけではないんですね。

ただ、コミュニケーションの取り方がうまくないだけなんです。

空気を読めなかったり、言っちゃいけないことを言ってしまったり、人の気持ちを察するのが苦手だったりするだけなんです。

端的に、その人は発達障害を持っているみたいです。

発達障害ってみなさんご存知ですか?

他人とうまくコミュニケーションがとれず、集団行動には向いていなかったりします。

また、注意欠陥といって、仕事でのミスが多かったりもします。

ただ、良いところをあげればそれもまたたくさんあるんですけどね。

今の時代は何かとコミュニケーション能力が取り上げられますから、デメリットばかりに目が向きがちなんですけど。

 

実際、僕からみて、この工場の人たちに比べたらよっぽどその人の方がやる気はあると思います。

ただ、仕事があってないですね。

工場の仕事って、やってることがその工場ごとで違います。特別です。

僕の工場なんかは化学工場なので特にそうだと思います。

そんで、うちの教育の仕方は完全に口移しで作業方法を教えています。

人から人へ。

なので、最低限教育者から教えてもらうくらいのコミュニケーション能力は必要になります。

その人はそれが苦手なんです。

ただ、それができないだけなんです。

ようは、この工場の教育システムが悪いと僕は思っていて、全ての作業をマニュアル化してあげればその人もできるようになるんじゃないかと思います。

まあ、今の現状では仕事が全くできない人っていうレッテルを貼られています。

本人も、今までできないやつだと言われて来たことによって自信も失っているでしょう。

仕事も通常作業は危険だということでさせてもらえず、工場内の掃除や整理整頓をさせられています。

ただ、そんな彼の状況を見て、みんなバカにしたりしている状況が僕は耐えられません。

その人の喋り方や仕草を真似て、影で小馬鹿にしてみんなで笑っていたりします。

なんか、それを見てると人間の裏の顔を見ているようで人間不信になりそうです。

僕はそれを見て、自分は今後の人生で絶対に弱い人間を責めることはしないと誓いました。

 

あまり言いたいことが伝わったかわかりませんが、今回はここまでにします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

予習:ロシア

公用語:ロシア語

首都:モスクワ

通貨:ロシア・ルーブル

  • 面積が世界1。(日本の45倍)
  • 鉱物、エネルギー資源の埋蔵量は世界1で、世界最大の原油天然ガス生産国の1つである。
  • 5大核保有国の1つ。大量破壊兵器保有量、世界最大。
  • ロシア人は様々な民族の混血である。
  • 親日国である。
  • ヨーロッパとアジアの境界にウラル山脈があり、その西側に人口が集中する。

人口TOP5

  1. モスクワ(1,150万人)
  2. サンクトペテルブルク(480万人)
  3. ノヴォシビルスク(140万人)
  4. エカテリンブルク(130万人)
  5. ニジニノヴゴロド(120万人)

 

  • 気温の年較差が大きい。
  • GDPは世界第8位で先進国の中では低い水準である。
  • 小麦輸出量世界最大。
  • 全市民へ無料の国民皆保険が保証されている。
  • スラヴ人が80%以上を占める。
  • 正教会の信徒が多い。

 

・Pick Up

シベリア鉄道