僕らメンタルヘルスは、コンディション管理がとても大切だって話

どうも、ともひろです。

 

僕は、アスペルガーの疑いがあります。

病院に行ったわけではありませんが。

 

そこで、僕ら、精神病?患者の人たちについて考えてみます。

 

そもそも、精神病ってのは、身体の異変から来ているものです。

脳の異変ですね。

「心身ともに」みたいな言葉があるように、その2つは切っても切り離せないものなのです。

というか、体は全て繋がっていますから、切り離して考えようとするほうがおかしいですよね。

細胞37兆2000億個の全てが自分自身なのですから。

 

腸は第2の脳とも言われております。

腸は脳とも繋がっております。

と、いうことはですよ?

腸の健康が脳の健康といっても、過言ではないんですよ。

 

腸の健康って何に左右されると思いますか?

腸の役目が栄養の吸収ですから、食べるものに左右されるんです。

だから、僕は食べるものに気を使っているんです。

実際、消化できないものを腸に入れてしまうと、リーキーガットといって、腸に穴が空いてしまいますからね。

腸はデリケートなんです。

 

精神病って食べるものを変えると、治ってしまうことが多いみたいです。

発達障害が流行ってきたのって最近ですよね?

認知症が増えてきたのって最近ですよね?

僕は、みんなの食への関心のなさが1つの要因だと思っています。

まあ、激動の時代ですから、いろんなものが重なっていることは確かだとは思いますが。

 

本題に戻ります。

僕ら、アスペルガーみたいな人たちって、周りの環境からの影響を受けやすいんだと思うんです。

だから、人一倍コンディション管理をしないといつもの成果を発揮できないんです。

ただ、コンディションを最高にしたときに得られるものは、一般の人よりも多いと思っています。

ただの僕の希望ですが。笑

そう思わないとやってらんないです。

まあ、アスペルガーのコミュニケーション能力のなさって、他の能力を突出させるためのものだと思っています。

行動力だったり。

 

人一倍環境の影響を受けるならば、ストレスなどの影響も人一倍受けるってことです。

 

とまあ、まとまってないですが、今回はここまでです。

ありがとうございました。

70億ぶんの1

 

自分の好きなこと、やりたいことをしよう。

 

周りなんて気にする必要はないさ。

 

バカにする奴はバカにすればいいさ。

 

でも、バカにするやつも正しいんよね。

 

だって、やりたいことをやってるやつなんてバカなんだから。

 

バカになろう。

 

どうせ、世界には70億人いて、その中の1人が何をしてても誰も気にしないんだから。

 

日本だけでも1億ちょいの人口がいるんだから。

 

 

1日、1日を丁寧に生きる

 

どうも、ともひろです。

 

今日を大切に生きていますか?

今日できることをやっていますか?

明日は未来の今日です。昨日は過去の今日です。

どんな歴史も今日の積み重ねです。

今日やらなかったら、やらなかった歴史がまた新たに積み重なっていきます。

それが良いか悪いかはまた別の話ですが。

やらないという今日をあなたが選択したのですから。

今日やることだけが正しい訳ではありません。

今日やらないことだけが正しい訳でもありません。

自分で選択して積み重ねていきましょう。

 

では、また!

喜怒哀楽を大切に

 

どうも、ともひろです。

 

喜怒哀楽を抑えつけないように。

うれしかったら笑えばええんや。

イラっとしたら怒ればええんや。

悲しかったら泣けばいい。

楽しかったらはっちゃければいい。

 

特に、悲しかったら泣けばいい。

大人だから泣いちゃいけないとか、男は泣くもんじゃないとか言ってないで、

あふれるものは出せばいい。

あんまり溜め込んでると、不感症になるよ。

心が。

 

では、また!

仕事とプライベートの切り替え

 

どうも、ともひろです。

 

みなさんは仕事とプライベートでの自分を切り替える派ですか?

僕は切り替える派です。

切り替えるといっても、プライベートで友達と遊ぶ機会が少ないですから、ほとんど仕事モード入りっぱなしですが。

そこで、仕事とプライベートで自分を切り替えることのメリットについてお話しします。

 

とことん仕事に集中できる

まず、とことん仕事に集中できるということが挙げられます。

仕事モードに切り替わった自分はもう普段の自分とは違います。

仕事をするためだけに存在します。

仕事の鬼と化した自分は仕事のことを考え尽くします。

 

仕事で何があっても家に帰れば本来の自分に

例えば、上司に理不尽に怒鳴られたとします。

特にミスもなにもしていないのに怒鳴られたとします。

みなさんは落ち込んだり、腹がたったりするでしょうか。

でも、そこで怒鳴られているのは仕事モードの自分です。

なので、家に帰って本来の自分モードに切り替えれば、ストレスも何も持ち込みません。

だって怒鳴られていたのは仕事モードの自分だったのですから。

 

このように、切り替えには様々なメリットがあります。

どんな環境の職場でもこれで乗り越えられそうですね。

 

ですが、多重人格の人ってこれと同じ現象が勝手に起こっているらしいです。

辛すぎて自分では許容できないくらいのストレスがかかった時に、その事実を別人格の自分に押し付けてしまうらしいです。

辛い過去が多ければ多いほど、人格の数も増していくみたいです。

要は現実逃避ですね。

 

あまり長い期間やると体調を壊すかもしれませんが、辛い時期を乗り切るには効果的だと思います。

みなさんも切り替えしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!

 

もし、誰かに変われるなら

 

どうも、ともひろです。

 

みなさん、この世の人の誰かに一回だけ変われるとしたらどうしますか?

対象は誰でもオッケーです。

イケメンのあいつでも、憧れのあの人でも、クリロナでも、ビルゲイツでも。

 

変わってみたい人はたくさんいると思います。

 

でも、僕は誰にも変わりたくありません。

別に今の顔に満足しているし、特に不足していることはないかなーって感じなんで。

わりと自分のことが好きです。

 

でも、確かにクリロナになってモテモテになってみたいなーとか、ビルゲイツになって大金を思う存分使ってみたいなーとかは無いと言ったら嘘になりますけど。

まあ、いまからでもできることはたくさんあるし、別に僕は僕でいいというのが僕の考えですね。

 

では、また!

正直、不安しかないです

 

どうも、ともひろです。

 

いま、正直不安しかないです。

 

4年半勤めてきた会社も、今月で辞めます。

いままで、高卒で、特に何も努力してきませんでした。

特に夢もなく、やりたいこともありません。

小さい頃から、なんとなく適当に生きてなんとなく普通に暮らせればそれで満足だと思って生きてきました。

そんな僕なので、とりあえず定年まで会社にしがみついていれれば良いと思ってきました。

・・・つい今年の4月までは。

 

いろんな本を読み、いろんな人の考えを吸収していく中で、自分も何かしたいと思ってしまいました。

いや、このままでいいのか?と疑問に思いました。

 

僕にはなにもありません。

ですが、何もないという長所があります。

いままで、なにも努力してこなかったという長所があります。

その分体力は有り余っています。

 

このまま特にやりたくもない仕事をして生きていくことに疑問を持ってしまいました。

いやー、そう思ってしまったらもう元には戻れないんですよね。

知るって怖いことです。

知らぬが仏とはよく言ったものです。

だって、知らなければ疑問を持つこともなく、死んでいけたわけですから。

でも、もう知ってしまいました。

常識ではない生き方があることを。

世界は思っているよりシンプルだってことを。

 

もう、不安しかないですが、進むしかないんです。

進んだ先に何があるのかなんでわかりません。

進んだものにしかわからない世界です。

振り向かずに進みます。

 

では、また!