2017/8/4(金)

どうも、ともひろです。

 

明日から夏休みです。

夏休みはざっと2週間あります。

社会人になってから一番長い休みだと思います。

いやー、何をするのも自由です。

僕は勉強をひたすらやるつもりです。

資格取得に向けた勉強、サーバ構築についての勉強。

知りたいことが山積みです。

夏休みだから、勉強なんてやらずに楽しめばいいじゃん。

そう思う人は多いと思います。

ですが、楽しむということに限っては、今の僕にとっては勉強をしている時が一番楽しいです。

楽しいというか、充実しているという方がしっくりきます。

どうして勉強が充実するか。

それは、自分が知らないことをどんどん知れるし、昨日の自分ができなかったことが今日の自分にはできるようになっていることが実感できるからです。

なにより、今学校で勉強している分野はITなんですけど、今までの僕ってIT、つまりPCについては何一つ知りませんでした。

しかも、PCに全く興味がありませんでした。

それは言葉どうり未経験の分野ですし、未知の世界です。

さすが未知の世界だけあって、入ってくる情報は知らなかったことだらけです。

それが楽しくて楽しくてしょうがないのです。

話は僕が小学生の頃にさかのぼりますが、少年時代の僕は、ずーっと何かをやり続けていることが多かったです。

一日中野球ボールを壁に向かって投げ続けていたり、一日中図鑑を読み続けていたり、一日中ブロック遊びをしていたり。

それが当たり前でしたし、それが一番楽しかった記憶があります。

それは夏休みでも、冬休みでも同じです。

何かに没頭していることが多かったんです。

中学生高校生でテニスをやっていましたが、その時も同じでした。

ずーっと壁打ちをしていることが多かったですね。

それは今でも変わりません。

今僕がハマっていることはプログラミングです。

だから、一日中やっていたい気分なんです。

それが一番充実しますし、それが一番楽しいです。

 

では、また。

2017/8/3(木)

どうも、ともひろです。

 

今日は学校にて会社説明会でした。

二つの企業さんがきてくれました。

そこで二つ目の会社に興味を持ちました。

その企業ではCADを使って色々やってるみたいです。

CADって今まであまり興味がなく、というか何に使うのかっていうイメージがあまりわかなかったんですよ。

でも、今日話を聞いて、すごく面白そうだなって思いました。

今までのCADのイメージって、建築関係に使うんだろうなーくらいのイメージしかありませんでした。

でも、プラモデルや、ビルなどの建物に風が当たった時の風向の解析などに使っているそうで、すごく興味深かったです。

もともと解析するのとかは好きなので、興味はあるのです。

出身が化学科ですしね。

ですが、一つ懸念がありまして、僕、色弱なんです。

別に色弱でも普通に生活しているぶんには問題ありません。

ですが、解析となると、データを色の違いで見分けることが多いです。

サーモグラフィなんてまさにそうですよね。

ですが、僕たち色弱の人っていうのは、あの色の違いが色弱じゃない人に比べて分かりにくかったりします。

色がわかる前提の仕事なので、色弱はハンディキャップになります。

例えていうなら、音が聞こえる前提の会話を聴覚障害のある人は手話を使わなくてはならないようなものです。

そのハンディキャップは大きいですよね。

やる気と努力でどんだけでも覆せますが、その分野は自分向きではないかなと思います。

自分の短所と長所を見極めて、どの分野が自分にとって能力を発揮できる分野なのかを見極めて努力していく必要があると思います。

やりたい仕事と向いている仕事は違うというのはこのことだと思います。

 

では、また。

2017/8/2(水)

どうも、ともひろです。

 

継続って本当に難しいですね。

楽じゃないです。

すぐに楽な方に逃げたくなります。

やりたいことは決まっていても、習慣を続けるのって大変ですね。

大変とは言っても、絶対に続けますけど。

決めたことです。

やり抜きます。

自分に約束したことを守り抜く。

今まで経験のないことですから、未知の分野です。

そう考えると、受験生ってすごいですね。

僕は大学受験をせずに、高卒後すぐに就職したので、受験勉強の経験がありません。

ですが、受験勉強こそ、継続・日々の積み重ねの象徴だと思います。

どんだけ積み重ねてこれたかを競う大会ですよね、受験って。

学生さんは本当にすごいと思います。

自分も他人にすごいすごい言ってないで、自分が努力して、結果を出せればと思います。

飽きてしまって続かないことが多い僕ですが、まず、飽きるということは本当にやりたいことではないのかなと思います。

やりたいことだから続ける。

なんのためにそれをやっているのかを常に考えながら取り組む。

これが大事だと思います。

結局、誰にやらされているわけでもなく、全て自分のためにやっていることです。

人のためになりたいから頑張る。これも先をたどれば自分のために行き着きます。

自分の人生が充実するためですよね。

自分のために自分を犠牲にする。

まずは自分が充実することだけを考える。

これは自己中心的になるのとは全く違います。

謙虚な姿勢は大事です。

自分の幸せの先に他人への貢献があるのが僕の目標ですね。

他人にパワーを与えられる人は自分がこころから充実している人だけだと思っています。

なので、まずは自分のために生きてみたいと思います。

 

では、また。

2017/8/1(火)

どうも、ともひろです。

 

モチベーションを上げるために、音楽に頼っていました。

ですが、イヤホンを外してみて、自分のモチベーションは音楽に頼らずとも、自分の心の中から湧き出ていることがわかりました。

今の自分のモチベーションは、未経験のプログラミング分野で、一人前になることです。

自分は今、未経験の分野のプログラミングを勉強しています。

そして、就職をして、プログラマとして一人前になることを目指しています。

自分の今やっているルーティンを修了まで続けると、総勉強時間が2000時間近くなります。

2000時間勉強すれば、プログラマとして、エントリーできるぐらいにはなるかと思っています。

自分がテニスを2000時間やった結果、地区大会1回戦は余裕で勝てて、2回戦は勝ったり負けたりしていました。

なので、プログラミングも2000時間やればそのぐらいにはなるイメージでいます。

本当の真価を問われるのはそこからです。

今日は、企業説明会でした。

IT業界は今人手不足らしいです。

人材は引く手あまたみたいですね。

なので、しっかり学校にいるうちに学習して、java言語を習得して、早く社会に貢献できたらと思います。

もう本当は学校に行かずに働きたいのですが、現状の僕の知識で会社に入ったとしても、ITに関する知識が乏しすぎて、貢献どころか逆に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

なので、在学中に吸収できることは全て吸収して、必要とされる人間になれればと思います。

 

では、また。

メモの内容

どうも、ともひろです。

 

iPhoneのメモがいっぱいになってしまったので、ここに書き出して、整理させてください。

 

2017/5/20

目立って、嫌われるというより、嫉妬の対象になるのが怖いんだと思う。

確かに自分には、他人とは違う光る何かを持っているとは思う。

ただ、それを出して、嫉妬の対象になり、嫌われたあの中学の頃の経験から、目立たなければ波風が立たないからと目立つことを避けてきたのだと思う。

会社でもそうだった。

申し送りの時に、テンションを上げてみんなとワイワイやることはいつでもできた。

でも、それをやると、いつも上司からや、先輩からや、みんなから嫉妬されて、パワハラを受けていた。

そんな経験からいつしか自分を出すのが億劫になり、しまい込んでいた。

そして、1人で窓の外をぼんやりと眺めるようになっていた。

 

2017/5/7

やりたいこと

結果を残したい。(人に話せる)

友達がたくさん欲しい。

彼女が欲しい。

子供が欲しい。

お金に縛られたくない。

夢中になれる仕事をしたい。

海外で暮らしてみたい。

東京に住んでみたい。

世界一周旅行がしたい。世界7大陸各1カ国ずつ行きたい。インドに行きたい。

好きな人とだけ付き合いたい。

バカやって笑い会いたい。

ノマドワークをしてみたい。

1千万円稼ぎたい。

パーっとみんなに奢ってみたい。

専門的な知識で稼ぎたい。(今はプログラミング。)

コツコツ努力できるようになりたい。(毎日継続して何かを続ける。)

大学センター入試8割程度の学力が欲しい。

バンジージャンプ

ボクシング

アカペラ

サッカー

登山をしたい。

効果的な時間の使い方をしたい。

マッチョになりたい。

腕立て100回出来るようになりたい。

東京マラソン出場、完走したい。

スーパーサイヤ人になりたい。

ずっと頭が柔らかい人でありたい。

ロン毛にしたい。

金髪にしたい。

原則に沿った生き方をしたい。

自分のために時間を使いたい。

親孝行をしたい。

お互いを高めあえる友人が欲しい。

場所・時間にとらわれない仕事がしたい。

常に自分を高めたい。

本を書きたい。

夢を語り合う友人が欲しい。

どんどん新しい人と出会っていきたい。

横笛を吹きたい。

作曲をしたい。

テキパキ真面目に仕事をしたい。

 

やりたくないこと

会社で上下関係を築きたくない。

年齢、学歴にとらわれたくない。

会社で馴れ合いたくない。

毎日決まった時間に出社したくない。

嫌いな人と付き合いたくない。

嫌な仕事をダラダラやりたくない。

愚痴を言いたくない。

その他大勢に合わせたくない。

空気を読みたくない。

上司、同僚の目を気にしながら仕事したくない。

中途半端な仕事をしたくない。

人に使われたくない。

ダラダラ時間を無駄にしたくない。

オヤジになりたくない。

何も達成していない人生で終わりたくない。

原則に反した生き方はしたくない。

天狗にはなりたくない。

常識に縛られたくない。

誰でもできるような、単純な労働はしたくない。

10年、20年と同じ人付き合いの中で仕事をやり続けたくない。

毎日、同じ人と顔を合わせたくない。

楽しくない仕事を無理やり楽しそうに笑いながらやりたくない。

 

2017/5/20

確かに人と一歩引いて、壁を作ってしまう自分がいる。

でも本当はもっともっともっともっと深く他人と関わりたいと心の中では常に思っているし、誰とでも仲良く深く関わりたいとも思っている。

熱く心からぶつかりたいと思っている。

でも、そうしてそれをして嫌われるのが本当に怖い。

 

2017/5/20

背中で、行動で引っ張っていきたい。

 

2017/5/22

結局俺って人が好きすぎるんだと思う。

確かに人と関係を持つのは怖い。

職場の人間関係だったり、心ない友達との関係だったりがあったことで人に恐怖心があるのは確か。

でも、その恐怖心があるからこそ、相手のことを考えられるし、気遣いをしようと思える。

昔の俺はその恐怖心がなかったから傲慢だったし、人間関係を雑に扱っていた。

 

2017/5/23

論理的じゃない感情的な世界は何でも全部論理的にそれが感情とかは結局論理とすれば論理として分析すれば結局言葉にできるからそれを言葉にしたのが今で言う7つの習慣付が正しいのかどうかわからないが言及したことによって多分正しいとされる仁川のライブプロパティーと言う日がまとめてあるもの

 

2017/5/27

心理学と人工知能を掛け合わせて人の話を聞けるコミュニケーションロボを作りたい

 

2017/5/28

ドンダケ美しいものを見てきた人でも最後にやっぱり美しいと気づくのが自然だ

 

2017/6/3

私たちは得るもので生活するが、与えるものによって人生を形作る

 

2017/6/4

音楽を聴きながら歩くと、何を食べるのが正しいのかに集中出来なくなる。

 

2017/6/6

感情論を排しロジカルに判断する

 

2017//6/7

周りの人たちの雰囲気に馴染まないことのみに集中する。

 

2017/6/8

学びは行動の量に比例する

 

2017/6/10

言葉は現実化する

なぜなら言葉は想像できるから

 

少ない言葉を大切に生きていく

夢を叶えるまでは

 

2017/6/10

もし、霊はそんざいしなくて人間の空想だとして強く思えばそうなるという例だと思う。

人間が強く思えば見えないものも見えるようになる。

人類がそう思い込んでしまえば霊能者も産まれた。

 

もし空を飛べるが現れるかもしれない。

僕は空を飛べるそう強く思い込めば飛べる様に勝手に行動する。

 

2017/6/10

他人のこと尊敬してる暇があったら自分でやれ

1番じゃないとやる意味がない。

1番になるためにはどうすればいいか考える工夫する。

 

2017/6/10

以前の自分よりも確実に今の自分の方が物事を知っている。

以前の自分に戻ろうとはしなくて良い。

以前の自分に戻るよりも今の自分が考えて工夫をした方が良い。

 

2017/6/10

低俗な欲を限りなくゼロに近づけていくことで共同体感覚に到達できる

 

2017/6/10

心にもない態度

横暴さだったりをすると、心が鈍る

 

2017/6/12

ありがとうとごめんなさいは余裕があるときに

 

2017/6/12

電車が人身事故で止まった

そんな時でさえ僕らは目の前のことに追われてその人の気持ちを考えることすらできない

そんな時でさえ僕らはその人に対してふざけるな他人の迷惑考えろなどと言ってしまう

自殺する奴が自殺する奴自身の問題俺には関係ないと言う世界が間違っている

こんなにも自分で自分の命を断つ人が身近にいるそれにもかかわらず僕らは金を使って笑ってはしゃいで何も考えず欲にただ忠実に生きるそんなのは絶対に間違っている

 

2017/6/12

夢を追う者は何かと戦ってるいつも戦ってる戦わないやつに夢を追う権利は無い

 

2017/6/12

自分がこれだと思ったもの周りの意見を気にせず伸ばせばいい周りの人や例えば先生による強制によって今までチャンス摘まれてきた自分のいいと思ったものは自分を信じて伸ばしていけばいい

 

2017/6/13

つまらんバイト5時間するより学校行った方がいい

 

2017/6/14

多分、小麦はバグってる。

プログラミング的におかしくなってるもの

 

2017/6/14

遺伝子組み換えっていうのは作者がプログラミングしたものを勝手にプレイヤーである人間がプログラムを書き換えてしまってる。

人間はもちろん書き替えるだけでデバッグはしないからだからおかしくなってる。

 

2017/6/14

1万時間の法則は誰かが攻略して見つけ出したもの。

利用しない手はない。

 

2017/6/17

「練習をせずに天才的才能を発揮する人」も、「いくら練習をしても上達しない人」の両者もいなかった。

出典

天才! 成功する人々の法則/マルコム・グラッドウェル, 勝間 和代

 

2017/6/21

禁欲をすると明らかに行動力が上がる。

 

2017/6/23

自分なりの健康法自分なりの哲学を確立してこそ生きる

 

2017/6/26

オナ禁2週間

他人のことが気にならなくなった。

自分にあくまで自分内に集中するようになった。

 

2017/6/30

自分がもし逆の立場で会社の人事だったとしたときに自分を大樹にとると胸張って言える言えるような位の人になること

 

2017/7/27

日本に来た外国人の気持ちで過ごす

 

では、また。

2017/7/31(月)

どうも、ともひろです。

 

今住んでいる風呂トイレ共同アパートなんですが、ゴキブリの出現率が異常に高いです。

たった今一匹と遭遇して、退治しました。

殺生は嫌いなんですが、本当にゴキブリは苦手なんです。

ゴキブリには悪いですが。

あやつらは動きがもう苦手すぎます。

サイズが大きいのに、動きが俊敏すぎてもうぞっとします。

もっと動きがゆっくりだったら変わってたかもしれません。

家賃3万円切るんで全然オッケーですけど。

とまあ、ゴキブリの話はここまでにして、昨日は高校の友達と飲みに行ってきました。

まあ、割とよく飲むメンバーだったんですけど、1ヶ月ぶりくらいでした。

まあ、変わってなかったですね。

1ヶ月で変わってる方が珍しいんでしょうか。

僕は会社を辞めてからというものの、心境に変化がありすぎます。

ちょっと昔の友達と話が合わなくなってきました。

話していても、どこか物足りないというか。

自分の変化に合わせて付き合う人も変化するべきなんでしょうね。

でも、その友達と飲むと、気持ちがリフレッシュできるんで良いです。

また、話は変わって、日々のルーティンがマンネリ化してきたので、ちょっと負荷をあげようと思います。

火木で5kmずつ走っていたところを10kmずつにしようと思います。

習慣がついたら見直し。

このループで頑張っていこうと思います。

また、今日は断食してます。

ちょっと体が重くなってきたきがするので。

脂肪はノイズになります。

脂肪を落として、ノイズを減らそうかと。

また、断食は体の声がよく聞こえるようになります。

調子はいいのか悪いのか。

体の声を大事にしていきたいです。

 

では、また。

2017/7/29(土)

どうも、ともひろです。

 

最近迷ってますねー。

この道を進んでいいものかと。

答えは進んだ先にあると思うんですけどね。

失敗するのが怖いんだと思います。

1日の大部分の時間をかけてますから。

まあ、極めた先にはYESであれNOであれ必ず答えはあると思います。

確実に言えることは、僕自身の成長は必ずあると思います。

物事がなんであれ、全てをかけて打ち込むという経験はその後の人生においてプラスにしかならないと思います。

たとえ、今の分野で花開かずとも、打ち込み方は習得できるので、また別な分野に移る時にも、その分野でも難なく打ち込めると思います。

最近、野球選手とサッカー選手はとてもすごい人たちだと思います。

日本人なら、誰でも野球選手とサッカー選手には憧れるものです。

つまり、プレーヤー数はかなり多いです。

その中で、誰よりも練習して、プロになった訳ですから、相当な努力家集団であると言えると思います。

サッカーに関しては、世界的にもプレーヤー数がとても多いですよね。

そんな中で海外に行って活躍している人たちは別格だと思います。

個人的に好きなのは、中田英寿選手、本田圭祐選手です。

本田選手はパチューカに移籍しましたね。

誰も予想してなかったと思います。

あのチャレンジ精神は僕も見習いたいです。

チャレンジしている人を見ると自分も勇気をもらえますよね。

新しい分野に挑戦しようとしている人たち。

自分も挑戦して、誰かに勇気を与えられたらなんて思うこともあります。

 

では、また。