読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌いな人とつるむなら、孤独のほうがいい。

 

 

どうも、ともひろです。

 

 

あなたには、嫌いな人っていますか?

 

 

当然、嫌いな人もいれば、好きな人もいると思います。

 

 

人間だもの。

 

 

ところで、嫌いな人ってどんな人だと思います?

 

 

僕は、嫌いな人とは、自分とは価値観や考え方が少なからず合わない人のことだと思っています。

 

 

誰でも、自分の価値観だったりとか、考え方だったりとかっていうのはあると思います。

 

 

たとえば、おしゃべりでずーっと人と話しているのが好きで楽しいって人もいれば、

 

 

一人で黙々と何かに夢中になっているのが好きって人もいます。

 

 

僕は、後者の人間です。

 

 

ずーっと人と話しているのは疲れます。

 

 

そして、一人の時間がないと精神的に落ち着かないんです。

 

 

なので、僕は、前者のずーっと話しているのが好きな人とは合いません。

 

 

だって、その人と僕が一緒に居たってつまらないでしょ。

 

 

僕は黙々と仕事をしていたいのに、隣でずーっとしゃべっていたら、嫌ですし。

 

 

相手も、しゃべっていたいのに、僕が黙々と仕事していたら、つまんないのってなりますもんね。

 

 

そんな時の解決策は、合わない人同士はお互いに一緒に居ないほうがいいと思うんです。

 

 

だから、もし、なんかアイツとは合わないんだよなーって、すこしでも思ったのならば、

 

 

その気持ちを大切にして、その人とは距離を置くようにしてほしいです。

 

 

いや、社会人たるもの、嫌いな人とも上手く付き合わねば!と頑張らなくていいんです。

 

 

いや、それができる人はいいんですよ。

 

 

僕はそれでは、ちょっと疲れてしまいます。

 

 

よく、似た者同士なんて言いますよね?

 

 

そうなんです、いつも一緒にいる人同士は、お互いに少なからず影響を与え合っているものなんです。

 

 

嫌いな合わない人と一緒にいても、お互いに似てくるんです。

 

 

合わない人と似るってことは、合わない人に無理に合わせているってことになります。

 

 

お互いに合わないなら、最初から、距離を置いた方が得策です。

 

 

その方がお互いに楽だと思います。

 

 

ただ、どうしても自分と合う人がいないって場合もあると思います。

 

 

どうしても合う人がいないのならば、一人でいるほうがマシです。

 

 

世界は広いです。

 

 

新しい出会いを求め続ければ、必ず自分と合う人には出会えます。

 

 

それまでは孤独でもなんでもいいんです。

 

 

新しい出会いを探し続けましょう。