自分の行動を自分で決めるって楽じゃないよ

 

どうも、ともひろです。

 

タイトル通り、自分が今後どうしていくのかを決めるのって楽じゃないですよね。

自分が何をしたいのかなんてわからんし。

でも、そこでわからんって言って投げ出しちゃダメだと思います。

投げ出した先に待ってるのは絶対に自分が望んだ結果じゃないですよ。

「常に考える。

インプットとアウトプットを繰り返す。」

これってよく言われますよね。

なんか、僕が思うに人ってもともと考えるのが苦手なのかなってことです。

すぐに嫌になっちゃうしね。

でも、そうなったら、無思考のまま周りに流されて生きることになっちゃうんです。

今の日本の人って多くの人がそうなんじゃないですかね。

みんながやっているから、みんなと一緒だからと「なぜ」を考えずに行動しちゃう人が多い気がします。

そうなるとどうなるか。

その「なぜ」を知っている人に搾取されてしまうんです。

「なぜ」を知っている人は「なぜ」を考えるのをやめた人の行動パターンを知っているんです。

行動パターンを知っているってことは、その人から搾取することは簡単ですよね。

そういうことです。

また、考えることをやめた人は何かに依存することが多いですよね。

酒、ギャンブル、薬物、娯楽等々。

他人に依存する人もいます。

また、占いなんかもそうですよね。

占いって占い師の言うことを信じていれば楽だからハマっちゃうんです。

自分で何も考えなくても進むべき道を占い師が示してくれますからね。

これほど楽なことってないですよ。

考えるのをやめたら、現実から逃避して何かに依存して生きるってことになります。

依存の反対は自立です。

結局、自分で思考するってことは自立するってことなんです。

なので、思考停止にならないようにしましょうってのが今日の話です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、また!