僕らメンタルヘルスは、コンディション管理がとても大切だって話

どうも、ともひろです。

 

僕は、アスペルガーの疑いがあります。

病院に行ったわけではありませんが。

 

そこで、僕ら、精神病?患者の人たちについて考えてみます。

 

そもそも、精神病ってのは、身体の異変から来ているものです。

脳の異変ですね。

「心身ともに」みたいな言葉があるように、その2つは切っても切り離せないものなのです。

というか、体は全て繋がっていますから、切り離して考えようとするほうがおかしいですよね。

細胞37兆2000億個の全てが自分自身なのですから。

 

腸は第2の脳とも言われております。

腸は脳とも繋がっております。

と、いうことはですよ?

腸の健康が脳の健康といっても、過言ではないんですよ。

 

腸の健康って何に左右されると思いますか?

腸の役目が栄養の吸収ですから、食べるものに左右されるんです。

だから、僕は食べるものに気を使っているんです。

実際、消化できないものを腸に入れてしまうと、リーキーガットといって、腸に穴が空いてしまいますからね。

腸はデリケートなんです。

 

精神病って食べるものを変えると、治ってしまうことが多いみたいです。

発達障害が流行ってきたのって最近ですよね?

認知症が増えてきたのって最近ですよね?

僕は、みんなの食への関心のなさが1つの要因だと思っています。

まあ、激動の時代ですから、いろんなものが重なっていることは確かだとは思いますが。

 

本題に戻ります。

僕ら、アスペルガーみたいな人たちって、周りの環境からの影響を受けやすいんだと思うんです。

だから、人一倍コンディション管理をしないといつもの成果を発揮できないんです。

ただ、コンディションを最高にしたときに得られるものは、一般の人よりも多いと思っています。

ただの僕の希望ですが。笑

そう思わないとやってらんないです。

まあ、アスペルガーのコミュニケーション能力のなさって、他の能力を突出させるためのものだと思っています。

行動力だったり。

 

人一倍環境の影響を受けるならば、ストレスなどの影響も人一倍受けるってことです。

 

とまあ、まとまってないですが、今回はここまでです。

ありがとうございました。