独学できる人、できない人

どうも、ともひろです。

 

僕は今、職業訓練校に通っています。

 

そこに通う人たちを見ていて、思うことがありました。

 

それは、独学できない人は大変だなあってことです。

 

独学というのは、僕の見解からいうと、本を読んで未経験の分野でも想像力を活かしてそれを理解する力のことです。

 

対象の物事への知識を全く持っていないとしても、本を読むことによってある程度理解できるようになる力のことです。

 

それが、周りの人を見ていると、授業の中でわからないことがあっても自分で解決しようとはせずにすぐに先生や人に聞いてしまう人がいます。

 

そういう人が悪いとは思いませんが、わからないことがあった時に、まず自分で考えたり、本を読んだりネットで検索したりで、自分で解決しようとすることが大切だと僕は思っているんです。

 

それでもわからなかったらそこで始めて聞けばいいと思うんです。

 

なんですぐに人に聞くことに賛成できないかというと、それをできるのは教えてくれる人がいる今だけだと思うからです。

 

聞ける人がいるからといって全てそれに頼っていたのでは、自分で問題解決する力がつきませんし、それをしてしまった人は、学校修了後は学ぶことをやめてしまうと思うんです。

 

というか、どうやって自分一人で学べば良いのかわからなくなると思うんです。

 

だから、なるべく人に頼らずに独学する力は大切だと思いました。

 

では、また。