2017/7/20(木)

どうも、ともひろです。

 

なにか目標があってそれに向けて努力するとき、努力を習慣にしますよね。

習慣にすると常に努力をしている状態になります。

みなさんは息抜きってしますか?

息抜きについての個人的な考えですが、僕は特にいらないと思います。

息を抜くっていうのは努力を一旦やめるということです。

一旦やめてしまうと、またスタートする時にエネルギーが多く必要になります。

ランニングしているとそれがわかりやすいです。

一旦止まってしまうと、また走り出すのが億劫になるんですね。

そして止まってしまったことによって心に止まってもいいという隙が生まれます。

それによってまた頑張って走り出してもすぐに止まってしまうことになりやすいです。

なので、僕的には息抜きはペースを乱すことの要因になると思っています。

ですが、半日旅行だったり、旅行先でも勉強をしたりと、少しでもいいから努力を続けつつの息抜きは効果的に思います。

また、休みたくなった時に、ピタッと努力を完全にやめてしまうのではなく、例えば、今やっている努力の度合いを10とするならば、5くらいで続けつつ休む方が良いと思っています。

理由は先ほども言った通り、また走り出すときのエネルギーを軽減するためです。

要は、少しでもいいので、走り続けることが大事だと思うってことを言いたいのです。

また、考えようによっては、なりたい自分に向かって努力をして、少しずつ理想の自分に近づく努力をしていること自体が息抜きだったりと捉えることもできます。

 

では、また。