2017/9/12(火)

どうも、ともひろです。

 

ちょっと、昨日の続きなんですけど、

三つめの最後は旅です。

確かに、旅とは、インスピレーションが得られる宝庫です。

海外旅行、僕はタイに2週間行ってきたことがあります。

その時には、脳がフル回転していましたね。

新しい場所で、しかも普段接しない言語がポピュラー言語です。

人種も文化も何もかもが違います。

必死に周りを見て、その環境に適応しようとする本能が呼び起こされるんでしょうか。

また、身の危険も日本よりはありますから、警戒心も高まります。

普段使わない筋肉、それは体だけでなく脳の筋肉もフルに動くんです。

それだけ旅で得るものは大きいと感じましたね。

ということで、僕もその言葉に賛成というわけです。

三つともに共通していることは、これは僕個人の意見ですが、どれもインスピレーションを与えてくれるということですね。

直感力が磨かれます。

直感は、僕は経験した失敗の数だけ磨かれると思っています。

結局直感とは、物事の決断をしなければならない局面に遭遇した時に、今までの失敗の経験より、選択肢を絞れる力の事だと思っています。

この選択は以前に選んで失敗したことがあるから、今回も選んだら失敗だろうということを脳が勝手にやってくれるようになるんだろうと思います。

多数ある選択肢から消去法で消して行ってくれる感覚ですかね。

なんかこの人怪しいなあとかって感じることがあると思いますが、それは多分自分が以前その人に似た雰囲気の人との人間関係上で、あまり良い思いをしていないか、もしくは本や人から聞いた話で出てきた人にどことなく雰囲気が似ていると、無意識が訴えているんだと思います。

まあ、僕の考えですが。

そういった理由で、直感に頼ることは僕は結構理にかなっているのではないかと思うわけです。

判断材料を集めるのもとても良いと思いますが、自分の心が違うと叫んでいたらその声に従って見ることもいいと思いますよ。

 

では、また。