2017/9/14(木)

どうも、ともひろです。

 

人間関係って難しいですね。

僕は楽しくやるのは好きです。

だけれども、メリハリをつけて、やるときはやる、やらないときはやらないと区別をつけたかったりします。

ちょっと、学校でクラスメイトがわからないところがあるからといって僕になんども聞いてきたんですね。

僕は確かにわからない人に教えるのは、心が充実しますので好きなんです。

ですが僕の堪忍袋にも限界はあることはあります。

今日の午後の僕のほとんどの授業時間をその人に教えるために使ってしまいました。

課題があったのですが全く進まなかったです。

まあ、頑張っていてどうしても勉強についていけないんだ。助けてください。

って人ならばまだわかるのですが、その人は普通に週2日ほど学校をサボっているような人なので、わからなくて当たり前かと。

そういう人に限って相手の気持ちを考えていないことがほとんどなんですよね。

でも、その人まだ未成年なんです。

僕の5個下なんです。

ということもあり、僕もあの頃は何も考えてなかったなーとか考えちゃって、突き放すにもそうはできないんですよね。

まあ、もう少し寛大になって教えてあげたいとは思います。

ちょっと愚痴りたくなってここに書きなぐりました。

僕もあの頃には先輩に支えてもらってまして、今振り返ってとてもとても感謝しています。

今の僕があるのは、何があっても見捨てないでいてくれたあの人がいたからです。

その感謝を、僕が年下を同じように支えることで返せたらとは思っています。

そうやって人は支え合って生きていくのかなあとは思いますね。

まあ、1人でやるよりもみんなでやったほうが楽しいということに最近気付き始めているのでそれもいいかなとか思っています。

寂しいのはあまり好きじゃないです。

 

では、また。