2017/9/26(火)

どうも、ともひろです。

 

僕の長所はなんでも好きになれることです。

どんなにつまんなくてキツい仕事にも面白さを見つけることができます。

実際、僕は社会人1年目でその工場で1番キツいと言われている部署に配属されました。

本当にキツかったです。

苦しかったです。

ですが、その仕事の効率をあげて早く終わらせることに喜びを感じていました。

肉体労働でキツかったんですが、早く仕上げることができたときには嬉しかったのを覚えています。

日々自分が上達しているのを実感して充実感を得ていました。

部活の話になりますが、部活仲間からは楽しそうに練習するねって言われていました。

他の部員全員が大変そうに部活をやっている中、僕だけが楽しんでやっていました。

辛い練習でしたがどんな日でも部活は楽しかったのを覚えています。

なぜなら、テニスが好きだったからです。

ナイスショット、自分が思った通りにショットが打てた時、自分が思った以上にナイスショットが打てた時はいつでも気持ちよかったです。

プログラミングにもテニスに似たところがあります。

タイプミス等無くプログラムを組めたりするとすごく嬉しいです。

コンパイルした時に一発で通った時は最高に楽しいです。

 

初心に戻ろう。

最初は全てが新しいことばかりで楽しかった。

ならば、また新しいことを学び続けよう。

今までの知識でどうにかしようとするからつまらなくなるんだ。

半年ぐらいの知識で何かできる世界じゃないぞ。

一生勉強だ。

 

では、また。