2017/9/27(水)

どうも、ともひろです。

 

環境って大事ですよね。

勉強する環境、仕事する環境。

環境ってなんだと思いますか?

僕は結局環境というのはそこにいる「人」だと思います。

どんな人の集まりなのかということが環境の良し悪しに直結すると考えています。

例えば学校。

クラスの雰囲気はどんな人の集まりなのかで決まると思います。

プラス思考が多いのか、マイナス思考が多いのか。

内向的が多いのか、外交的が多いのか。

先生はどんな人なのか。

そういう要素が複雑に絡み合って環境というものは出来上がっていると思います。

僕は今職業訓練校に通っています。

クラスの雰囲気は正直ゆるいです。

僕はこの学校に入るまで、そして最近まではめちゃくちゃキツキツに勉強を詰め込んで成長してやるぞ!という意気込みが半端じゃなかったです。

ですが、最近は考えが変わって、この環境ならば、この環境に合わせてちょっと緩くやってもいいんじゃないかと思ってきました。

勉強勉強勉強という生活は、日々の色彩が無くなります。

しかも、周りがゆるいのに自分だけ自分を追い込んで周りにイライラしながら成長してもツラいということを体験しました。

ゆるいはゆるいなりに楽しいということにも気づけました。

というより思い出しました。

僕は社会人として4年9ヶ月前の会社に勤め上げたんですが、そこで身についたのは頑張っているのが美徳という価値観です。

遊ばずに頑張るのがいいという価値観です。

そうではなくて、抜くとこはとことん抜いてやるとこはとことんやるというのが効率がいいということに気付きました。

というか、そっちの方が続けやすいです。

続けるためのエネルギーの量が少なくて済みます。

しかも、自分だけやるやるモードになるのもエネルギー消費が激しくて疲れます。

環境を変えようとするよりも、自分が変わった方が良い場面もあるということですね。

まあ、どちらも一長一短ではあると思いますが。

 

では、また。